韓国ドラマ-空港に行く道-キャスト-登場人物情報

「韓国ドラマ-空港に行く道」


スポンサードリンク



「空港に行く道-キャスト-登場人物」

※著作権の問題でキャスト画像を貼り付けておりませんのでご了承下さい。

韓国ドラマ「空港に行く道」のヒロインである客室乗務員のチェ・スアを演じるのはキム・ハヌルです。

元々は雑誌モデルだった彼女ですが、1998年の映画「バイ ジュン」で女優としてデビューしたことをきっかけに、

様々なドラマや映画の主演をつとめるようになっていきます。

1999年に放送されたドラマ「Happy Together」では二人の男性の恋のヒロインを演じ、

2000年にはドラマ「秘密」で初主演をつとめました。

また2002年には韓国で社会的な大反響を呼んだドラマ「ロマンス」でヒロインを演じたことで有名です。

どのドラマも最高視聴率は30%以上の数字を叩き出しています。

映画では2000年の「同感」で初主演を果たし、2003年に大ヒットした「同い年の家庭教師」や2004年の映画「彼女を信じないでください」に続いて2006年の映画「青春漫画」にもキャストとして登場しています。

そんなキム・ハヌルと共演するのはイ・サンユン、チェ・スアに心惹かれる建築学科の非常勤講師を演じます。


スポンサードリンク



俳優としてデビューした作品は2007年のドラマ「エア・シティ」です。

その後、日本でも人気を博したドラマ「いとしのソヨン」で広く知られるようになりました。

最近では2014年のドラマ「エンジェルアイズ」に登場する医師のドンジュの役を演じたことが記憶に新しいです。

キム・ハヌルとイ・サンユン。

この二人に任された役だけを見るとピュアな恋愛ストーリーに見えますが、実は二人にはそれぞれ伴侶がいます。

スアの夫であり機長でもあるパク・ジンソクの役にはシン・ソンロクが、ドウの妻のキム・ヘウォンの役にはチャン・ヒジンがつとめています。

シン・ソンロクは2003年のドラマ「星を射る」でデビューしたミュージカル俳優です。

出演した作品はゲームの企画者であるカン・ドヨン役をした「LIAR GAME~ライアーゲーム~」やパパ候補の刑事である、

ファン・ギョテンを演じた「パパ3人、ママ1人」などがあります。

一方、チャン・ヒジンは雑誌モデルで芸能界デビューをした経歴の持ち主です。

しかし出演したドラマは多く、「いとしのソヨン」や「ラブ・ミッション」など様々あります。

「空港に行く道-あらすじ」を読みたい方はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-空港に行く道-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのキャスト情報が見たい方は、メニューやカテゴリー欄からご覧下さい☆


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です