韓国ドラマ-ホングギョン-洪國榮-キャスト-登場人物公開!

8OETlktsqU8THgR1484364838_1484364902

「韓国ドラマ-ホングギョン-洪國榮-キャスト-登場人物」情報


スポンサードリンク



「ホングギョン-洪國榮-キャスト-登場人物」

※著作権の問題でキャスト画像を貼り付けておりませんのでご了承下さい。

ホン・グギョン(洪国栄)は、朝鮮史上唯一の賎民出身の王妃禧嬪張氏と争ったトンイ淑嬪崔氏の子英祖と英祖の世孫を支え、

勢道政治により絶大な権力を手にした人物の波乱万丈な生涯を描いたドラマです。

グギョンは、ドラマでは全羅道の監司を務めた祖父を持つ家柄の非凡な儒学生ですが、

貧乏に喘ぎ盗賊の一味として世孫の身代わりを務めた事がキッカケとなり、

英祖の愛娘和緩公主と養子チョン・フギョムを筆頭とする世孫廃位派の排除に尽力します。

グギョンを演じるキム・サンギョンは、1998年にドラマ真実のためにでデビューし、

2010年の恋する国家情報局に出演時にコムンベレーと呼ばれる特殊戦司令部の空挺部隊に所属していた事を公表し注目されています。

又、大王世宗で演じた朝鮮王朝第4代王世宗のイメージが強く、

2016年にもチャン・ヨンシルでも世宗役を演じています。

グギョンと対立するフギョムは、貧乏な漁師の気性の激しいならず者ですが、

16歳の時に英祖の愛娘和緩公主の養子となり鄭鑑録を実現するべく陰謀を巡らします。

フギョムを演じるチョン・ウンインは、1997年にチェ・ジニョンの代役としてSBSTVの千一夜話に出演した事が経緯となり、

近年ではヨンパリや華政、ピノキオ、奇皇后など話題作に出演している人気の強面俳優です。


スポンサードリンク



世孫は、伯父の承統世子の養子ですが、実父思悼世子の無念を晴らす為に世孫廃位派勢力と戦い第22代正祖となります。

世孫を演じるチョン・ジェゴンは、一時的に1974年のTBCの母さんの日記の子役としてデビューしますが、

1987年のKBSのドラマ愛が花咲く木で注目され、2005年の薯童謠のアジャ太子役で人気を博し、

広開土太王や近肖古王、鉄の王キム・スロなどに出演しています。

ウ・ヨオクは、グギョンを愛しながらもフギョムに嫁ぎますが、

父ウジンの死をキッカケにグギョンと敵対します。

ヨオクを演じるチョン・ソヨンは、階伯やTEN2、神のクイズ4などに出演する女優です。

その他にも、英祖の愛娘の立場を利用し世孫廃位に暗躍する和緩公主をユ・ヘリ、グギョンを支えるウンジュにイ・テラン、英祖をチェ・ブラムなどが脇を固めています。

「ホングギョン-洪國榮-あらすじ」を読みたい方はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-ホングギョン-洪國榮-あらすじ-全話一覧


スポンサードリンク



おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのキャスト情報が見たい方は、メニューやカテゴリー欄からご覧下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です