韓国ドラマ-愛人がいます-キャスト-登場人物紹介!

愛人がいます-キャスト

「韓国ドラマ-愛人がいます-キャスト-登場人物」情報


スポンサードリンク



「愛人がいます-キャスト-登場人物」

演出:チェ・ムンソク-“パリでの出来事”などの演出を手掛けています。

脚本:ペク・ユミ-“スキャンダル”などの脚本を手掛けています。

※著作権の問題でキャスト画像を貼り付けておりませんのでご了承下さい。


ト・へガン&トッコ・ヨンギ役:キム・ヒョンジュ-“花たちの戦い~宮廷残酷史”など多数出演しています。

チェ・ジノンの奥さんでチョンニョン製薬の顧問弁護士を務める。

ある日ト・へガンは事故に巻き込まれ記憶を失いトッコ・ヨンギとして生きていく事となる。

そんな彼女を助けたのがペク・ソクです。

ソクの優しさで徐々に回復していったヨンギは数年後偶然にもチェ・ジノンに出会い無くしていた記憶を少しずつ取り戻す事になる。


チェ・ジノン役:チ・ジニ-“棚ぼたのあなた”など多数出演しています。

大学の薬学部卒のチョンニョン製薬の御曹司。

自身の親の製薬会社には余り興味を持っておらず、研究大好きな根っからの勉強人間。

初恋の相手ト・へガンと親の反対を押し切り結婚したものの、製薬会社の顧問弁護士となったへガンは自分の好きだった姿とはかけ離れてしまいショックを受ける。


ペク・ソク役:イ・ギュハン-“太陽のあなた”など多数出演しています。

弁護士でトッコ・ヨンギを助けた人物。

成績はあまり良くないまだ仕事に就いたばかりの落ちこぼれ弁護士。

太陽の家を経営している父の連れてきた中にカン・ソルリがいた。

偶然再会したヨンギは自分の事を覚えていなくて…更には記憶も失っていた。

そんな彼女に昔の恋心を蘇らせるが・・・。


カン・ソルリ役:パク・ハンビョル-“匂いを見る少女”など多数出演しています。

ジノンと同じ大学の薬学部を卒業。

ソクの父親が営んでいた太陽の家で育った。

大学の先輩であるジノンに想いを寄せている。

へガンがいなくなってジノンの妻の座を手にするが数年後へガンが姿を現した事で・・・。



スポンサードリンク




チェ・マノ役:トッコ・ヨンジェ-“夢みるサムセン”など多数出演しています。

ジノンの父親でチョンニョン製薬の会長


ホン・ホセ役:ナ・ヨンヒ-“春の輪舞曲(ロンド)”など多数出演しています。

ジノンの母親で元ミスコリア。マノの後妻。


チェ・ジンリ役:ペク・ジウォン-“やってきた!ファミリー”などに出演しています。

チョンニョン製薬の副会長を務めるジノンとは異母姉弟になる。


ミン・テソク役コン・ヒョンジン-“チャクぺ~相棒~”など多数出演しています。

チョンニョン製薬の専務を務める。ジンリの旦那さん。


キム・ギュナム役:キム・チョン-“ラスト・スキャンダル”など多数出演しています。

ヨンギのお母さん。


ペク・ジュンサン役:チェ・ジョンウ-“ドクター異邦人”など多数出演しています。

児童養護施設の施設長を務める。ソクの父親。


「愛人がいます-あらすじ」を読みたい方はこちら↓

韓国ドラマ-愛人がいます-あらすじ-全話一覧


スポンサードリンク



おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのキャスト情報が見たい方は、メニューやカテゴリー欄からご覧下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です