韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-キャスト-登場人物紹介!

オクニョ 運命の女(ひと)-画像

「韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-キャスト-登場人物」情報


スポンサードリンク



「オクニョ 運命の女(ひと)-キャスト-登場人物」

※著作権の問題でキャスト画像を貼り付けておりませんのでご了承下さい。

脚本:チェ・ワンギュ“トライアングル”“クァムホジュン”

演出:イ・ビョンフン“イ・サン”“トンイ”“馬医”

チェ・ジョンギュ“華政”


オンニョ役:チン・セヨン-代表作“私の娘コン二ム”“感激時代”など多数・・・

生まれた場所は監獄の中しかしオンニョは類稀なる頭脳を持った天才少女だった。

美貌も兼ね備えたオンニョは典獄署の中で大学者士亭のドジョンらと運命的な出会いを果たします。

そんな出会いの中から囚人達と交わる機会が増え人生において大切な物を沢山学んでいく事になる。

幼いオンニョはいつしか捕盗庁の茶母になりたいという夢を持ち始めます。

そんなオンニョの運命を変えていく3人の男たちとの出会い。

オンニョの夢は叶うのでしょうか!


ユン・テウォン役:コ・ス-代表作“グリーンローズ”“男が愛するとき”など多数・・・

ユン・テウォンはサムゲ波止場の商いの実権を握るハニャン商談を取り仕切る文定王后の弟で、実質最高権力者ユン・ウォンヨンを親に持つ男。

母親はハニャンで知らない者はいない妓房ソソルのホンメ。

ウォンヨンの寵愛を一身に受けていたホンメだったがナジョンにウォンヨンを寝取られあっさり捨てられてしまう。

そんな過去を持つテウォンは父ウォンヨンに強い復讐心を抱きやがて自身の商才に気付き才能を開花させる。


文定王后役:キム・ミスク-代表作“華麗なる遺産”“インス大妃”など多数・・・

チュンジョン王の第3番目の王妃でミョンジョン世子の母親。

貪欲ながらも内に秘めた野心を後に開花させる稀代の悪女。

ミョンジョンを王の座に就かせる為にインジョンに毒を盛るなどの奇行も。

ウォンニョンを使いあらゆる力も持って権力を握っていく。

後にミョンジョンが王となると実権を裏から操りミョンジョンを困惑させる事となる。



スポンサードリンク




ユン・ウォンニョン役:チョン・ジュノ-代表作“甘く殺伐としたファミリー”“逆転の女王”など多数・・・

文定王后の弟でミョンジョンが王となった時の権力者。

文定王后の入宮後宮中に入ったウォンニョンはソユンの勢力を駆使し政権を我が物にする為手段を選ばず動き始める。


チョン・ナンジョン役:パク・チュミ-代表作“大王の夢”“女人天下”など多数・・・

両班から奴婢へと位を変えられキーセンとして類稀なる美貌を手にユン・ウォンニョンの目にとまり妾となった。

ウォンニョンから文定王后を紹介され王后の御側近くに置いてもらい後々強い権力に心を捕らわれ悪行を重ねて行く。


イ・ソジュン役:ユン・ジュヒ-代表作“温かい一言”“Dr、ジン”など多数・・・

ソソルのキーセン。

実質ソソルの責任を一手に任されているファン・ギョハの手助けをする才女。

何を取っても非の打ちどころのないソンジュはギョハの信頼も厚い。

彼女のファンは多いがソンジュの想いを寄せる相手はただ1人テウォンだけ・・・。


ユン・シネ役:キム・スヨン-代表作“ラブオン・ハイスクール”“まるごとマイ・ラブ”など多数・・・

父はウォンヨン、母はナンジョン。

母ナンジョンに似てしっかり者の一面もあるが・・・。

笑みを浮かべない美貌は一心に周りの男たちを虜にさせる。

そんなシネが想いを寄せている相手は・・・。


パク・テス役:チョン・グァンリョル-代表作“ホジュン~宮廷医官への道”“チュモン”など多数・・・

一時は裏工作員としてその名をとどろかせた人物。

武術で右に出るものはいないとまで言われていた男。

20年の長い間監獄の中で生活お送るうちオンニョと出会う事となる。


ソン・ジホン役:チェ・テジュン-代表作“春の輪舞曲”“匂いを見る少女”など多数・・・

テスの孫にあたり辛い奴婢としての幼少期を過ごすが、ジホンの隠れた才能に目をつけた両班に養子として迎え入れられる。

義父にジホンと名付けられ不自由なく育ったジホンは才能を開花させ捕盗庁の従事官にまで上り詰める事となる。



スポンサードリンク



「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ」を読みたい方はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのキャスト情報が見たい方は、メニューやカテゴリー欄からご覧下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です