韓国ドラマ-嵐の女-キャスト-登場人物情報

嵐の女-画像

「韓国ドラマ-嵐の女-キャスト-登場人物」紹介


スポンサードリンク



「韓国ドラマ-嵐の女-キャスト-登場人物」

※著作権の問題でキャスト画像を貼り付けておりませんのでご了承下さい。

「嵐の女」は、怒涛の愛憎劇が序盤からスタートし、視聴者の心をつかむ長編ドラマです。

家族と平凡に暮らすジョンイムは、ひょんなきっかけから、ヒョヌと出会い同じ職場で働くことになります。

一方、友人のヘビンは、愛のない結婚をヒョソンとしてしまい、気晴らしに行った済州島でムヨンと出会います。

実は、ムヨンはジョンイムの夫だったのです。

良妻賢母で働き者のハン・ジョンイム役には、パク・ソニョン。

1996年スーパータレント大会で大賞を受賞しタレントデビュー、映画デビューは2002年「教会姉妹」。

プライベートでは、2011年に、大統領通訳官のエリート官僚のキム・イルボム氏と結婚しました。

ヒョンソンの弟でビジネスには興味なく、映画監督を目指すパク・ヒョヌ役には、チョン・ウソン。

1992年CMモデルでデビュー、映画「クミホ(九尾狐)」で1994年俳優デビューをします。

2004年の映画「私の中の消しゴム」に出演され、注目を浴びました。


スポンサードリンク



友人ジョンイムの夫と知りながらも、不倫関係になってしまうト・ヘビン役にには、コ・ウンミ。

2001年映画「ガン&トークス」でデビュー、その後も「カムバック マドンナー私は伝説だー」「千万回愛してる」でも活躍し、注目を浴びました。

愛の無いヘビンの夫パク・ヒョンソン役には、チョン・チャン。

1995年「TVシティオーディション」でデビューし、「オークションハウス」「どれだけ好きなの」に出演。

1996年には、SBS演技大賞人気賞を受賞しました。

家族のためにヘビンといけない関係を結んでしまうジョンイムの夫チャン・ムヨン役には、パク・ジュニョク。

2001年ドラマ「花園で」デビューし、数々のドラマで活躍してきました。

ヘビンの異母兄妹ト・ジュンテ役には、ソヌ・ジェドク

1982年映画「愛情作り」でデビューしましたが、

主にドラマで活躍し、スケティーというフランチャイズも経営する実業家でもあります。


スポンサードリンク



「嵐の女のあらすじ」を読みたい方はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-嵐の女-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのキャスト情報が見たい方は、メニューやカテゴリー欄からご覧下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です