韓国ドラマ-朝鮮ガンマン-キャスト-登場人物情報

朝鮮ガンマン-画像

「韓国ドラマ-朝鮮ガンマン-キャスト-登場人物」紹介


スポンサードリンク



「韓国ドラマ-朝鮮ガンマン-キャスト-登場人物」

※著作権の問題でキャスト画像を貼り付けておりませんのでご了承下さい。

朝鮮ガンマンは、パク・ユンガンが朝鮮一の剣客であった父パクジンハンの仇を取るべく、

逃亡した日本から長谷川半蔵として朝鮮に戻り、投資を餌に父の仇キム・ビョンジェの手先であったチェ・ウォンシンに戦いを挑みます。

パク・ユンガンを演じるイ・ジュンギは、2001年に「So, Basic」の紙面広告モデルとしてデビューし、

2005年に暴君燕山君の寵愛を巡って寵姫緑水と対立する「王の男」で脚光を浴び、

以後「イルジメ〜一枝梅」の美賊イルジメや「ヒーロー」の不屈の三流記者、

慶向道密陽の伝説を描いた「アラン使道伝」などに出演し高い評価を受けています。

チェ・ウォンシンを演じるユ・オソンは、1992年に「血筋」でデビューし、

主演の敵役としての悪役や警察、傭兵、軍人など強面を生かした役演じる事が多く、

「信義〜シンイ〜」では氷功の使い手徳成府院君、「鉄の王キム・スロ」では狗邪国の神鬼村の部族長テガン、

「スパイ~愛を守るもの~」では労働党対外連絡部所属工作員ファン・ギチョルなどを演じ高い評価を受けています。

パク・ユンガンは、物語の中で役官の娘チョン・スインとチェ・ウォンシンの娘チェ・へウォンから思いを寄せられますが、

父を守る為と思いが届かない事でチェ・へウォンはパク・ユンガンと対立していきます。


スポンサードリンク



チョン・スインを演じるナム・サンミンは、

2003年にMBCドラマ「ラブレター」で主人公アンドレアの実母イム・ギョンウンの若い頃の役でデビューし、

近年では「結婚の女神」や「スパイ」、

「天下無敵のイ・ビョンガン」などに出演しています。

チェ・へウォンを演じるチョン・ヘビンは、

2002年に女性3人グループLUVのサブボーカルとしてデビュー後に2003年にソロデビューし、

「夜叉」や「神の天秤」、「魔女のユヒ」など数多くの作品に出演しています。


スポンサードリンク



「朝鮮ガンマンのあらすじ」を読みたい方はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-朝鮮ガンマン-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのキャスト情報が見たい方は、メニューやカテゴリー欄からご覧下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です